中国砂漠植林協力隊の作業

 ゴビ沙漠
   防風林効果実証林 15ha 生態系変化を観察中

 ホルチン沙漠
   500万h aが300年前から砂漠化し、
   特に1960年代から激しく砂漠化が進んでいる

 モデル森林農場
 各村共有地の中最も流動砂丘の多い所を4000ha借り、協会が設計投資し地元農牧民も分担経営中。借地料は25年間無償、但し2020年に無償返還する。100ha以上を金網で囲い樹方格(防風林帯で200m 150mの格子)の中を林地、草地、農地に変えて全面緑化=新産業を興し、農牧民に公開展示して普及している。
(1) ウイン(烏雲)森林・・・360ha 外務省等支援
(2) オリン(倫) 森林・・・200ha 国際ボランティア貯金等支援
(2) ウタン(烏潭)森林・・・500ha 環境基金等支援
(4) チョロモン(朝魯蒙)森林・・・670ha 緑の募金等支援
 ※○○の森(資金協力者が冠称を命名する)
 農場内の区画3halO万円以上を出資し希望に従い協会と地元民が管理する。一部を農園にして直接管理も出来る。

 家族森林農場
7ha〜を金網と防風林で囲い、林地30%草地30%農地30%基準で造り家族管理する。中国政府の助成と農業銀行融資がある。
(1) 1997年から本格的に始まり、98年春までに570例がスタートした。
(2) 庫倫旗政府は2000年までに2387例を計画している。

 農牧民研修
(1) ウイン森林内の蒙古式包(円形建物)−図書館会議室等−で図書閲覧、集合学習
(2) モデル農場での体験学習、展示説明、相談指導
(3) 地方政府と合作活動 (家族農場の推進、相談指導、支援−小村集会研修所4カ所)
(4) 小中学校、学生との交流、合作活動 支援 (教材、校舎等5カ所)

沙漠ボランティア協会  菊地 豊  
岩手県胆沢郡衣川村大坂51
fax 0197-52-3923


戻る