最初の年に植えた柳

 植林活着率は最近70%になった。
  (砂漠では10%〜50%が普通)

 囲い内の自然植生は急恢復し、牧草農産物(コメは10a450kg生産)は画期的に増産している。

 波及効果−砂漠化は防げないと思っていた地元民が自主的植林緑化を始め、自信を深めている。

 農業部門の技術開発、普及のスピードアップ(青年海外協力隊等のプロジェクトチーム準備中)が必要。

 植林緑化の費用対効果は抜群に高いが投資資金が足りない。
  (ODA等の活用、税改革で民間資金削等・・・に世論喚起)

沙漠ボランティア協会  菊地 豊  
岩手県胆沢郡衣川村大坂51
fax 0197-52-3923


戻る